スマスロ キングパルサーの打ち方解説 / やめどき・サブ液晶の示唆内容・機械割などを紹介

スマスロ キングパルサーの打ち方解説 アイキャッチ画像

2024年3月にスマスロ キングパルサーが導入されました。

初代のキングパルサーを踏襲した台となっているのですが、

『改めてキングパルサーがどんな台か知りたい』

『勝つための立ち回りを知りたい』

と考える方も多いと思います。

本日は、そんな方に向けて『スマスロ キングパルサー』を徹底解説します。

本記事で解説する内容
  • キングパルサーの概要
  • キングパルサーで勝率を上げる立ち回り方
  • サブ液晶の重要性
  • 天井とリセット機能
  • 期待値解説

是非参考にしてみてください。

目次

スマスロ キングパルサーの基本情報

『スマスロ キングパルサー』は初代のキングパルサーの後継機として、新演出やボーナスループなどの要素も追加されています。

リーチ目やCZからボーナスを目指す王道台

スマスロキングパルサーは、通常時のリーチ目(レア役のハズレ目など)でボーナスが確定するパターンと、CZ『スコールチャンス』を経由してボーナスを目指すゲーム性です。

CZ『スコールチャンス』に入る方法は、通常時にレア役(チェリー・オレンジ)を引くこと or 規定のG数を回すことで突入します。

CZ中はリーチ目を引くことでボーナス当選となり、BBであれば約307枚、RBは約105枚の出玉となります。

CZ『スコールチャンス』は2種類存在し、

  • 通常のスコールチャンス(雨だけ降っている)‥ボーナス期待度40%
  • 上位のスコールチャンス(雷雨状態)‥ボーナス期待度70%

となります。

特に上位の豪雨状態のC Zに入った際には、大チャンスでボーナス期待度が高いだけでなく、仮に外れたとしても次回のボーナスがBB確定となります。

C ZのG数は基本的に3Gですが、抽選により最大5Gまで継続します。

演出モードを変えることで色々な演出を楽しもう

通常ゲーム中の選べる演出モードは3種類存在します。

キングパルサーの演出モード
  • ノーマルモード…新規演出を楽しみたい人向けのカエル連でチャンスとなるモードです。
  • 先ゲコモード…リール下の12連ランプで先読みするモードです。ノーマルモード同様で、新規演出を楽しむことができます。
  • 初代モード…演出がシリーズ1作目に近いモードです。

以前のキングパルサーに近い演出となっていますが、

CZも外見上わからなくなるほか、CZレベルを示唆する蛍等もも出現しません。

他にも、初代モードで打ちたいけどCZは知りたいというプレイヤー向けに『裏初代モード』も存在します。

演出モード選択はサブ液晶にタッチし決定しますが、初代モードを選択している状態でPUSHボタンを押すと「ゲコゲコ♪」という鳴き声+PUSHボタンが紫になります。

これで裏初代モードにセット完了です。

この裏初代モードでCZに突入すると台枠ランプが青に変化するので、ひっそり楽しむには最適です。

ボーナスループをさせながら大量出玉を目指す

ボーナスはBBとRBの2種類があり、今作キングパルサーから新たにボーナスストックシステムが追加されています。

ボーナス初当たりの1/3でボーナスループに突入し、ループ当選した場合、32G以内に連チャンします。

ボーナスループの継続率には4種類のモード(33%,50%,70%,90%)が存在し、ボーナス入賞時に、ファンファーレと共にプラネットランプ(サブ液晶に惑星が登場)すれば、90%ループモードが確定します。

さらにボーナス消化中は、CZや1G連の抽選も行っているため、ボーナス後32Gを過ぎた後でも、128Gまでは再度当選するチャンスゾーンとなります。

スマスロ キングパルサーの打ち方と勝率アップのポイント

キングパルサーはシンプルな台故に、通常時のレア役取りこぼしなどを抑えることが大切な台です。

通常時の打ち方をマスターしよう!

通常時はの打ち方を知っておくことで、レア役の取りこぼしを防ぐことができます。

通常時は、左リール上段部分にBARを目押しして、オレンジ停止以外は、中・右リールフリー打ちでO Kです。

スマスロキングパルサー打ち方1

左リールにオレンジが止まった時のみ、右リールを先に止めてテンパイしたら中リールオレンジをフォローしましょう。(赤7狙い)

スマスロキングパルサー打ち方2

オレンジは11枚役のため、取りこぼしは厳禁です。

確実に目押しして防いでいきましょう。

また、ボーナス中の打ち方については、基本ナビに従って打てばOKですが、押しミスをするとベルの取りこぼしとなるため、注意しましょう!

ボーナス成立後は、左リールに『白7・オレンジ・BAR』

中リールに『白7・ベル・BAR』を狙って、右リール枠内にBARを狙うと、BIGとREGを同時にフォローできます。

やめどきを徹底することで勝率が変わる

キングパルサーのやめどきはボーナス後、128G回した後に表示されるサブ液晶の泡占いの状態を見てからがベストになります。

ボーナスループであれば、32G以内、ストックを獲得している場合は、128G以内に再当選しますが、注意点としてデータ表示では1G多く回す必要がある可能性があります(※32Gのループ当選の場合でもデータ表示は33Gで当選)。

そのため、128Gまで回す場合も即辞めはせずに、1G多く回すようにしましょう。

キングパルサーのサブ液晶の重要性を知ろう

128G経過する毎に、サブ液晶に表示される『泡占い』には、表示されたアイテムによって、様々な情報を示唆しています。

アイテム示唆する内容
王冠次回のビッグボーナス濃厚
ティアラ次回のボーナスビッグに期待(75%程度)
メダルストック数示唆
時計規定ゲーム数示唆
初当たりが近い残り
ループ高継続率に期待
メダル示唆する内容
ケロット柄ストック5個以上濃厚
ストック3個以上濃厚
ストック2個以上濃厚
ストック1個以上濃厚
時計示唆する内容
1時(金時計)規定ゲーム数が残り150G以内濃厚
2時(金時計)規定ゲーム数が残り256G以内濃厚
3時(銀時計)規定ゲーム数が残り384G以内濃厚
5時(銀時計)規定ゲーム数が残り512G以内濃厚
6時(銅時計)規定ゲーム数が残り640G以内濃厚
7時(銅時計)規定ゲーム数が残り768G以内濃厚

特に重要視するべきは、『時計』と『メダル』で、時計は、ボーナスまでの残り回転数(天井までのG数)を示唆しており、メダルはストック数(ボーナス以降連チャン)に期待できます。

メダルは、

銅 < 銀 < 金 < ケロット柄

の順で期待度が高まり、最大でストック5以上の示唆をしています。

泡占いは128G回すたびに出現するため、内部でのストック数等が変われば、サブ液晶のアイテムも変わる可能性もあります。

やめ時の判断基準にもなるため、泡占い出現時は、必ずサブ液晶をタッチするようにしましょう。

キングパルサーの機械割とリセット恩恵

キングパルサーの設定は全部で6段階(設定L含む)です。

それぞれの機械割と天井機能については次の通りです。

キングパルサーの設定ごとの機械割

スマスロ キングパルサーの設定ごとの機械割は以下の通りです。

スマスロ キングパルサーの機械割
  • 設定L…不明(下パネで判別可能)
  • 設定1…97.7%
  • 設定2…98.6%
  • 設定4…105.5%
  • 設定5…110.3%
  • 設定6…114.9%

本機は、設定Lが搭載されていますが、下パネが消灯しているかどうかで判断可能です。

そのため、基本的には5つの設定の中から設定判別をしていく形となります。

最高設定の6は、機械割が114.9%と他のスマスロに比べても出玉性能は高いと言えるでしょう。

設定判別には、ボーナスの合算値やC Zの突入率に加えて、ボーナス後、まれにサブ液晶に登場するケロットトロフィーでも判断可能です。

ケロットトロフィーでの設定示唆
  • 銅トロフィー…設定2以上濃厚
  • 金トロフィー…設定4以上濃厚
  • ケロット柄トロフィー…設定5以上濃厚
  • 虹トロフィー…設定6濃厚

天井とリセットについて

スマスロ キングパルサーの天井は、通常時最大960Gで発動し、恩恵はボーナスの確定(REGの可能性もアリ)となっています。

0Gから回した場合、約30000円で天井に到達する計算となります。

また、リセット(設定変更時)は天井が512Gまで短縮されるので実践時には覚えておくようにしましょう。

プラスの期待値を積み重ねるには

キングパルサーはボーナスの連チャンのみで出玉を増やすタイプですが、ボーナス中の『1G連』、CZである『スコールチャンス』などループ性が高いため、積極的に天井を狙いやすい機種ともいえます。

ハイエナをする際の、狙い目としては主に3つあり

  1. 朝一0当たり台で150G〜
  2. 600G〜回されている台
  3. ボーナス後、128G以下で止められている台

となります。

1は設定リセット(変更時)の狙い目で、2は通常の天井狙いとなります。

どちらも1500円ほどの期待値を見込めます。

3は、稼働が高い店舗では、中々拾うことが難しいため、見つけたらラッキーくらいに思っておきましょう。

スマスロキングパルサー解説 まとめ

本日は、『スマスロ キングパルサー』についてのご紹介しました。

抑えておきたいポイントは、

まとめ
  • 通常時はリーチ目やCZからボーナスを目指す
  • ボーナス当選時1/3の確率でボーナスループに突入
  • ボーナス後128Gまでは再当選の可能性が高くなる
  • サブ液晶の泡占いで、天井やストック数などを示唆
  • 朝一リセット時は512Gに天井が短縮

ということでした。

初代キングパルサーが登場した2001年以来23年ぶりに復活を遂げた本機ですが、ボーナスループが加わったことで、機械割も遜色なしの性能となっています。

導入されて間もない今だからこそ、本記事を参考に実践を検討してみてはいかがでしょうか!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パチンコ・パチスロ大好きな大学生。パチンコ歴3年。パチンコ初心者に向けて情報を発信中。

目次